ストループ効果に気をつけて、情報をスマートに伝えよう!

ストループ効果とは、言葉の意味と状態が矛盾していることで、脳が混乱し、情報の処理に時間がかかり、不快に感じる現象のことです。

たとえば、赤い色で書かれた「」という文字を認識するよりも、赤い色で書かれた「」の文字を認識する方が時間がかかります。

このような状態をストループ効果と呼びます。

この効果は、例えば脳トレを目的としたクイズ番組などで利用されています。

ストループ効果と逆ストループ効果

ストループ効果は、1935年にアメリカの心理学者、ジョン・リドリー・ストループによって報告されたことから、この名前がつきました。

先程の、文字の実験を振り返ってみましょう。

赤い色で「」と書いてある場合、赤い色で「」と書いていある時よりも認識に時間がかかるとお伝えしました。

具体的には、「文字を読んでください」と言った場合、赤い色で書かれていれば「」という読みを認識するのに時間がかかります。これがストループ効果です。

また、同じ条件で「色名を読んでください」と言った場合、「」と書かれていることで、赤い色を認識するのに時間がかかってしまいます。これが逆ストループ効果です。

マーケティングとストループ効果

ストループ効果は、陥らないように気をつけなければならない現象です。

ネット環境があることが一般的になっている現在は、ホームページによって商品を宣伝する機会も多くなっています。

最近では、企業だけでなく一般の方がオークションなどで販売や購入をする機会も増えてきています。

例えば、「海に沈む夕日が美しい、安らぎの宿」と書かれた旅館のホームページがあったとします。しかしそこに添えられた写真が、砂浜でビーチボールとたわむれる水着の女性だったら、どんな印象を受けるでしょうか?売り文句である「海に沈む夕日が美しい、安らぎの宿」に大抵の人は違和感を覚えることでしょう。

同様に「お気軽にお問合せ下さい」と書かれているのに、問い合わせ先がなかなか見つからず、やっとページの下の方に、小さな字で書かれた連絡先を見つけても、連絡する気にはなれません。

つまり、ストループ効果による脳への負担を減らし、見る人に違和感を感じさせないホームページ作りは、マーケティングの上で重要だと言えます。

日常生活の中のストループ効果

日常生活の中にもストループ効果があります。

街中にあるトイレの表示では、男性用トイレには、ズボンをはいた黒い人の姿が、女性用には、スカートをはいた赤い人の姿がつけられていることが多いですね。

これが逆になって男性用が赤で、女性用が黒だったら違和感を感じます。

交通標識の「止まれ」の文字が青で、「進め」が赤だったら、一瞬、ブレーキかアクセルか迷ってしまいます。これは信号機の色から連想される認識とのズレから起こると思われます。

脳にとって「固定観念」は気持ちいい

脳の、このような機能は、脳が合理的に働いていることを考えれば不思議なことではありません。脳の認識が、そのまま形に現れていれば、脳は気持ちがいいのです。

赤は信号で止まれなので、交通標識も赤で書かれていると脳の認識と齟齬が生まれないためスムーズに理解出来るのです。

しかし、世の中には、変えなければならない固定観念も存在します。例えば際ほどのトイレのマークです。

一般的に私たちは、青や黒が男性、赤系統の色が女性という固定概念を持っており、そこから外れるとストループ効果で違和感を覚えるでしょう。しかし、女性用を赤色で表記しなければならない理由もありません。また、日常に照らし合わせると女性が寒色の服を着ていることも良くあります。トイレマークのようにスカートばかりはいているわけではありません。

信号機と標識の関係など、スムーズに認識させることが必要な場合、ストループ効果を生まないようにすることは重要です。

しかしそうでない場合は、固定概念を取っ払って考えるべきでしょう。

まとめ

ストループ効果は、脳の固定概念に対して、矛盾が生じたときに発生する現象になります。

私たちは無意識的に「こうであるはず」だと処理していることが実はたくさんあるのです。

それは思考の効率化のためには必要なことですが、固定概念にとらわれすぎないようにしましょう!

関連記事一覧