ピグマリオン効果とは?~期待されると人は成長する~

ピグマリオン効果というのは、先生や上司、コーチといった指導する立場の人が期待するほど、指導される立場の人の能力は伸びるという、教育心理学の用語です。期待された生徒は期待されない生徒よりもモチベーションが高くなり、結果として良い成績が出せるのです。期待されているとわかると、無意識のうちに、期待に応えたい、と思うものでしょう。

そんなことは当たり前のようですが、子供に向かって「お前はダメだ」という態度を取っている大人を時々見掛けませんか。また、子供は案外鋭くて、口先だけで「期待しているよ」と言っても、内心では「この程度」と思っているのを見透かしていたりします。大人の方が口車に乗せやすかったりしませんか。

こんなピグマリオン効果はどうすれば実際に生かせるでしょうか。

ピグマリオン効果とはどんなもの?

ピグマリオン効果の定義として「人間は期待された通りの結果を出す傾向がある」と書かれているのをよく目にします。しかし、期待すればその通りになるのであれば、教育者は誰も苦労はありません。

仕組みとしてはこういうことです。教師は期待や希望を持っている生徒には、その期待が実現するように、意識的にも無意識的にも働き掛けます。そうすると、生徒の方も意識的、無意識的にそれを受け止めて、自分に対して肯定的になり、積極的に学習するようになって成績が上がるのです。

つまり、ピグマリオン効果は、やる気、モチベーションに対して働くものなので、どんなに高い期待でも実現するというものではなく、生徒の潜在的な能力を引き出し伸ばすものだということです。

ピグマリオン効果は「教師期待効果」とか、発見者の名を取って「ローゼンタール効果」と呼ばれることもあります。

逆のパターンもあります。「この生徒はこれくらいが限界でこれ以上伸びないだろう」と教師が思っていると、口に出さなくても、無意識に表情や言動の端々にそれが出てしまい、それを感じ取った生徒は、たとえ潜在的な力があっても発揮できないことがあります。このような影響を「ゴーレム効果」と呼びます。

ピグマリオンの名前の由来

ピグマリオンという名前はギリシア神話に由来します。こんな話です。
昔、キプロスの島にピグマリオン(訳書によってピュグマリオーンなどいくつかの表記があります)という王様が居ました。現実の女性に失望していた彼は、あるとき自ら理想の女性・ガラテアを彫刻しました。ガラテアを見ているうちに彼は恋をしてしまいます。

ピグマリオンはガラテアに服を着せ、アクセサリーを着けます。食事の用意をしたり話し掛けたりします。ピグマリオンはガラテアから離れられなくなり、次第に弱っていきました。
ピグマリオンは神に祈りました「あの像にそっくりな女をお与えください」と。彼を憐れんだ愛と美の女神アフロディテは、その願いを聞き入れ、彫像に命を吹き込み、生身の女に変えました。ピグマリオンは人間になったガラテアを妻にしました。

ロマンチックな神話ですが、期待が実現する、というところから、ピグマリオン効果と名付けられたのです。

ピグマリオン効果の発見

大変面白いことに、ピグマリオン効果は最初、動物で見付かりました。1963年のことです。大学でネズミを使った心理学の実験がありました。迷路学習の実験です。ロバート・ローゼンタールは学生に実験用のネズミを渡すとき「このネズミは利口なネズミの系統」「このネズミはのろまなネズミの系統」と2つのグループに分けました。実際にはどちらのネズミにも差はありませんでした。ところが「利口なネズミ」と言った方が、結果が優秀だったのです。

これは、学生が「利口なネズミ」は丁寧に扱い、「のろまなネズミ」はぞんざいに扱ったらではないか、とローゼンタールは考えました。これに興味を持ったローゼンタールは、人間に対しても、同様の実験をします。
ローゼンタールは小学校の生徒に対して、あるテストをしました。ローゼンタールはその結果を見て、担任の教師に「この名簿にある子供たちが、今後数か月で成績が伸びる可能性がある子供たちです」と伝えました。

もちろん、その名簿はテストの結果とは関係なく無作為に選んだもので、テストも意味のあるものではありませんでした。心理学の実験にはよくあることですが、ちょっと人が悪いですよね。ところが、数か月後、名簿に名前があった子供たちは、はっきりと成績が上がったのでした。教師の期待が、成績に反映したのです。

ピグマリオン効果については批判もあります。再現性が低い、つまり、同じような実験をしても必ずしもピグマリオン効果は認められないともいいます。また、教師のえこひいきの問題との関連を指摘する人も居ます。教育学的には「褒めれば良いというものではない」つまり褒め方が重要なのだ、という意見もあります。

この実験の妥当性はともかく、学校を始めとする人材育成の場で、指導者から期待されている生徒がそうでない生徒と比べてよい結果を出し、成長も早いことは経験的に知られています。教師の期待が生徒のモチベーションを高める、というのは間違いなさそうです。

ピグマリオン効果の実際

ピグマリオン効果は学校でも仕事でも具体例には事欠きませんが、やはりわかりやすいのは子育ての例でしょう。ピグマリオン効果が有効だと言っても、子供を全く叱らないというわけにはいきません。ただ、叱るときに、例えば、「散らかしてばかりいないで片付けなさい」は良いとしても「お前はだらしがないんだから」などと余計な一言を付け加えないことです。

前述したように、ピグマリオン効果はモチベーションを高めるものですから、何でもかんでも高い期待をかければ良いというものではありません。子供の能力からいって無理な目標を立てさせたりすると、プレッシャーに負けて、ストレスに押しつぶされてしまうかも知れません。

何かが巧くいったときに「お前はやればできるんだよ」と言ってあげると、達成体験と結び付いて効果が高いでしょう。

自分に暗示を掛ける、というのもピグマリオン効果の一種といえます。受験生が「絶対合格」などと書いて壁に貼っているのがそれです。スポーツ選手が、よくインタビューに応えて「必ずメダルを取ります」と言ったりするのも、自分を追い込むと共に、ピグマリオン効果を期待してのことでしょう。

スイスの女子プロテニス選手だったマルチナ・ヒンギスは、16歳で世界ランキング1位になった早熟選手でした。ヒンギスの母親は、娘に対して「あなたは天才だ」と口癖のように繰り返していたといいます。ヒンギスが試合に負けて帰ってきたときには「おかしいわね。あなたは天才だから、負けるはずはないのに」と言ったとか。

ゴーレム効果の例も一つ。ムツゴロウの愛称で知られる作家の畑正憲は、東大理学部を卒業後、大学院に進学して研究に携わっていましたが、しだいに麻雀に明け暮れるようになります。指導教授は、厳しく研究を指導し、彼の生活態度を諌めましたが、畑の生活に変化はありませんでした。

そして、ある時から教授の態度が変わり、生活に口を出さなくなり、研究の指導も優しくなりました。そのとき、畑は「先生は俺を諦めてしまったんだ」と気付き、研究室から姿を消したそうです。

まとめ

ピグマリオン効果を期待するなら、指導者はその生徒に本気で期待することが重要です。

口先だけの期待は、短期的には騙せても、長期的には効果がないでしょう。そして、悪いイメージではなく、良いイメージに注目しましょう。

何か目標を立てるとき「直さなければいけない悪い点」を列挙する人が居ますが、「これまでに巧くいった良い点」に注目し、それを伸ばすのも重要ですし、何よりモチベーションが高まります。

関連記事一覧