日常に溢れるプライミング効果を知り、上手に活用する方法

プライミング効果というものをご存知でしょうか?

プライミング効果とは、先に何かを見聞きしておくことによって、あとから来る事柄の選択が影響を受けることを言います。

例えば、ピザと10回言ってもらった後に、肘を指差して「ヒザ」といい間違えるように誘導する言葉遊びがありますよね?実は、これがプライミング効果なんです。

先に連呼している「ピザ」によって後から解答する答え(選択)に影響がでて、いい間違いを誘発するわけです。

このようにプライミング効果は、日常のあらゆるところに存在します。

このプライミング効果を上手に使って、効率をアップしたり、今まで苦手だったことも克服できるかもしれません。
また、プライミング効果が悪用されても、プライミング効果を知ることで、それを見破ることもできるんです。

プライミング効果とは

プライミング効果は、英語の「prime」から来ており、呼び水効果とも言われています。

呼び水となる情報を「プライマー」といい、影響を受ける刺激を「ターゲット」と呼びます。

ターゲットが影響を受けている際、ターゲットは無意識のうちに影響を受けています。

今何かされているという認識を得ないまま、影響を受けているわけです。

たとえば、会話の流れで果物の話をしてから「赤いものと言えば?」と質問すると、「りんご」や「いちご」という答えが返ってくる確立が上がります

しかしこの質問は「果物に限定していない」質問です。つまり、質問の前に話していた果物の話に影響を受けているのです。

この場合、「果物の話」がプライマーであり「赤い物と言えば?」という、続けてくる刺激がターゲットです。

プライミング効果の影響

プライミング効果で重要なのは、「りんご」や「いちご」と答えた人たちが、それを「自分の考え」だと思っていることです。

プライミング効果は、人の無意識に働きかけ、その人の選択に影響を与えるものです。

プライミング効果が与える影響には「促進」と「抑制」があります。

しかし実際の場面では、促進効果として使われていることが多いようです。

例えば、買う予定がなかったのになぜか高級な買い物をしてしまった。なんていう場合は、プライミング効果によって購買意欲が促進された結果なのかもしれません。

プライミング効果とマーケティング

実際、マーケティングの現場では、プライミング効果が利用されています。

例えば、健康食品を売りたい場合、商品を購入していない潜在的な顧客に対して、健康に関するアンケートを行います。

アンケートには、「健康寿命をご存知ですか」「健康のために現在おこなっていることを教えてください」などの質問を入れておきます。

これによって、アンケートを受けた人たちは、無意識のうちにアンケートに影響を受け、健康を意識するようになります。

その結果、何もしていない場合と比較して、健康食品が売れやすくなります。

学習面におけるプライミング効果

学習の場面でも、プライミング効果は活用できます。

先ほど、呼び水となる情報を「プライマー」といい、影響を受ける刺激を「ターゲット」と表現しました。

この場合、基礎学習がプライマーになり、応用問題がターゲットという扱いになります。

主に理数系の教科には効果があり、基礎部分をしっかりと勉強することで呼び水となる「プライマー」となる情報を記憶させます。

これによって応用問題が出た際に「プライマー」の基礎部分と自然と結びつくようになり、問題を解きやすくなるのです。

基礎が大切だという教訓はこのようなところから来ているのかもしれませんね。

プライミング効果はいろんな場面で自然と使われている

ここまでの話をまとめるとプライミング効果は意識して用いないといけないようなイメージになるかもしれません。

しかし、プライミング効果は無意識下で影響を与えるものです。

私たちは自然と生活の中でプライミング効果の影響を受けているのです。

例えば、テレビの政治報道やコメンテーターの意見によって、なんとなく印象がついてしまうことがあります。

プロ野球のセオリーとして内角の球を投げてから外角に投げるとバッターの反応が遅れるといわれています。

これらはすべてプライミング効果といえるのです。

まとめ

プライミング効果は日常にあふれているものです。

高い買い物を急にしたくなったときなど、後々大きな影響が出そうなときは、プライミング効果を疑ってみてもいいかもしれません。

また、さらっと先に条件を絞っておくことで回答の方向性をある程度制御できるのがプライミング効果になります。

悪用するのではなくうまく活用できれば、ビジネスシーンなどで大いに役立つでしょう。

関連記事一覧