カクテルパーティ効果を使って相手の興味をしっかり掴もう!

大勢の人でにぎわうパーティ会場。

ランチタイムで混み合っているカフェや食堂。

さらには、ほぼ満員の通勤ラッシュの電車の車内・・・。

 

こういったたくさんの人が、それぞれ違う会話をしている状況で、全ての話を聞き取ることは出来ませんよね。でも、遠くで自分の名前が聞こえてくると、ハッと耳を傾けてしまったり、自分の興味のある話題やキーワードが聞こえると、目の前の人との会話よりも、そちらに意識が集中してしまったり。

 

このように、にぎやかな環境の中でも、自分が必要と思った音や情報は自然と聞き取ることが出来るという現象を心理学の世界では「カクテルパーティ効果」と呼んでいます。

 

なんだか楽しそうな名前が付けられたこのカクテルパーティー効果ですが、特にマーケティングの世界では知らないと損する重要な心理効果なんです。

カクテルパーティ効果は人間の脳の特別な働き

カクテルパーティ効果は、1953年、心理学者のコリン・チェリー氏によって提唱されました。

チェリー氏が行った実験は、以下のようなものでした。

 

両方の耳にそれぞれ別の音声を流して、どちらか片方だけに意識を向けるように指示されます。

そして、その意識した片方の音声の内容を流れると同時に復唱してもらいます。

 

すると・・・意識していない方の音声の情報は、ほとんど頭に残っていないという結果が出たのです。

 

この実験からチェリー氏は、「人間は音の違いからそれぞれを聞き分けながら、どの音に注意を払うか選択しており、注意を払っていない音については、その情報を脳はほとんど処理していない」と結論付けています。

 

どのような過程を経てこのような処理を脳が行っているのかというのは、未だ明確な答えが証明されてはいないそうなのですが、人間の脳に備わった特別な力であるのは間違いありません。

 

仮に、スマホのボイスレコーダーをパーティ会場に置いてそのガヤガヤしたノイズを収録してみた場合、一番距離の近い人の声が大きめに録音されているだけで、その周囲にいる人の声が何を話しているのかなどはほとんど聞き分けることが出来ません。しかし、これをもし現場で直に聞いていれば、そのいずれかの声に注意を向けることでハッキリとその話している内容を聞き取ることが出来るのです。

カクテルパーティ効果を活用する

カクテルパーティ効果を、実際に活用するのは意外と簡単です。

 

色んな声の中でもどうすれば、注意を向けてもらえるのか覚えてますよね?

 

そうです。相手の名前を呼ぶんですね。

自分の名前を呼んでもらうと、相手の意識は勝手に引き付けられてしまうので、会話の中でも相手の名前を織り込んでいくことで、よりしっかりと聞いてもらうことが出来るでしょう。

 

名前を入れることで、相手の意識を引き付けることが出来るほか、好意や親近感を持ってもらいやすいという実験結果も出ていますので、名前の挿入は会話やメール問わず使わない手はありません。

 

ただ、このカクテルパーティ効果を上手く活用したい時に、名前を呼べばいいんでしょ?とだけ思っているともったいないですよ!応用すれば、もっと効果的に使えるだけに、さらに深く活用する方法を見ていきましょう。

自分事と思わせることで引き付ける効果大幅UP!!

名前を呼ばれると何故意識を向けてしまうのかというと、それは、自分に関係ある事を話していると思うからです。ならば、自分に関係あることを話している!と思わせることが出来れば、相手の意識を引き付けることが出来るという事になります。

 

ですから、相手にとって関連性や興味がありそうなワードやフレーズを意識して会話に盛り込んでいくことで、相手の脳はこちらの話にどんどん意識を集中させてくれるのです。

 

これはいわゆる、ターゲットを明確にして、そのターゲットにあった言葉(刺さりやすい言葉)を使うという事ですね。

 

例えば、自社の健康食品に興味を持ってもらいたい場合に、広告などのコピーに「お得なキャンペーン実施中!」と訴求しても、これでは、ほとんどの人がスルーします。ちょっとだけ踏み込んで、「栄養不足のあなたへ朗報!」というフレーズを投げたとしても、まだあまり意識を傾けてくれないかもしれません。

 

なぜなら、自分が栄養不足だという認識の人は少なからずいるとは思いますが、多くの場合はなんとなく栄養不足の人がほとんどです。ですから、自分に何が足りてないとか、どう栄養不足なのかは分かっていないだけに、これだけでは注意を引き付けることが出来ないかもしれません。

 

ここに、もっと分かりやすく自分事ととらえてもらえるような言葉を添えることで、一気に意識が向くようになります。

 

例えば、次のようなフレーズならどうでしょう?

「昨日の夜も外食だったあなた。栄養不足の確率96%!」

「最近身体がすぐ疲れると嘆いているアラフォー男子のあなた」

「ダイエット中で今朝も朝食を抜いたアナタ。もしかすると今この瞬間、身体が栄養不足で悲鳴をあげているかもしれません」

このように、ターゲットの条件を絞ることで限定的にはなりますが、あてはまる人にとっては、自分の事のように聞こえてしょうがない内容になってきます。こうなると、相手の脳は強制的に意識をこちらへロックオンされます。

 

上記は文字で書いていますので、セールスコピーの一部のようになっていますが、実際に会話の場面であれば、「〇〇の条件の人は・・・」とか「〇〇に当てはまる場合・・・」というような形で使うと、該当する方は、かなり意識がこちらを向いてくれるはずです。

「昨日の夕食が、外食だった人の場合・・・」

「まだ40前なのに、最近疲れやすくなったと思うことが増えてきている人は・・・」

「ダイエット中で今日朝食を抜いてきた、という方は・・・」

このような感じですね。

 

ビジネスの場合であれば、相手の属性をよく分析して、いわゆるペルソナ設定したターゲットに響きやすいフレーズを意識的に含めることで、読み流されたり、聞き流されたりする可能性は減らせるでしょう。

まとめ

カクテルパーティー効果を上手く活用するためには、いかに「あなたのための話、情報ですよ」と感じてもらえるかがポイントとなります。

 

使える範囲は日常会話から、広告、メール、SNSに至るまで、色々な場面で使えますので、ぜひターゲットを絞って、響くフレーズを意識しながらコミュニケーションをとってみて下さいね!

関連記事一覧