バーナム効果とは?〜自分のことだと思ってしまう心理〜

あなたは、雑誌などの血液型占いを見ていて、「何でこんなに私の性格がわかるんだろうなあ」と思ったことはありますか?

A型は几帳面、B型は自己中、O型は大雑把・・・。確かに言われてみればそうかもしれない、と思わず信じてしまうこともあるのではないでしょうか。でもそれ、実はバーナム効果かもしれません。

バーナム効果とは、多くの人に当てはまる曖昧な性格の記述に対して、人がこれは自分のことだと錯覚してしまうことです。どういうこと?と思った方もいると思います。でも実はこれ、私たちの多くが日常生活でよく経験していることなんです。

例えば、次の特徴はあなたにどれくらい当てはまりますか?

  • 実はさびしがりやだ
  • 苦手なことはつい先送りしてしまう
  • 変なこだわりがある

これらは多くの人に当てはまる特徴ですが、例えば占い師さんに、「あなたはこんな性格です。」と言われ、見せられたらどうでしょう。何だかあなたのことのように思えてきませんか?

バーナム効果の由来はあの主役の名前?!

バーナム効果の由来は、アメリカの興行師、P. T. バーナムの名前に由来しています。この名前、ピンと来る人は多いのではないでしょうか。実は彼、あるミュージカル映画の主役のモデルになった人なんです。

バーナムによると、「誰にでも当てはまる要点がある」ことが興行の成功の秘訣。人の心を掴むための知恵が、のちに心理学者のポール・ミールによって名付けられ、心理学の分野で研究されました。

また、バーナム効果はフォアラー効果とも言われます。これはアメリカの心理学者、バートラム・フォアの名前にちなんでいます。

フォア博士は、バーナム効果の仮説を立証するために、ある実験を行いました。

それは、心理学科の生徒に性格検査を行い、本当の結果を無視して、全員に全く同じ診断を返す、というものでした。すると、ほとんどの生徒が、結果が完全に当てはまっている、もしくはほぼ当てはまっている、と考えたのです。この時生徒に配った診断の内容は、曖昧で、広く皆に当てはまるものでした。検査を受けた学生が曖昧な性格記述を自分のものだととらえた結果です。こうしてバーナム効果は知られるようになりました。

バーナム効果がどんなものかわかったところで、次は、実際の生活の中でどう使っていけるか、考えてみましょう。

バーナム効果を活かす 〜恋愛編〜

自分のことを理解してくれる人って一緒にいたいと思いませんか?特に、自分のプラス面(=魅力)をよく知っている人には、思わず心を開くことも多いのではないでしょうか。

もちろんその人を観察して、その人独自の良いところを探すのも大事です。しかし、もし見当違いなことを言ってしまったら・・・相手を少しむっとさせてしまう可能性もあります。少し悪いテクニックかもしれませんが、バーナム効果を利用することでそれを防げて、もっと簡単に印象をUPできるのです。

例えば、
「優しいけど筋が通っているよね」
「独自の視点を持っていて面白いよね」
「こっちまで楽しくなる笑顔だね」
言われて嫌な気がする人はあまりいないと思います。しかし曖昧だから多くの人に当てはまる。これなら、「自分のこと理解してくれてる!」「この人は他人のことをちゃんと見ている人だ!」と思わず感じてしまいます。

バーナム効果は、「曖昧」で「多くの人に当てはまる」ことがポイントです。ここを抑えて好感度UPを狙いましょう。

1つだけ注意するのは、相手と少し仲良くなってから使うということです。初対面の人に性格をあれこれ言われると、少し怖いと感じる場合もあるかもしれません。

バーナム効果を活かす 〜子育て編〜

バーナム効果は自分の好感度を上げるためだけでなく、相手の自尊心を高めるのにも効果があります。例えば、子どもとの関わりの中で、どうやったら子どもの自尊心が上がるのかと考えたことはありませんか?

子どもは自分のことを好きでいられれば、自己承認欲求を常に誰かに満たしてもらう必要がなくなり、その後の人生を生きやすくなります。大人になってからの他者との出会いも大切なのですが、人生の最初の段階で育ての親に大切にされ、認められているという感覚を持てば、より自分を好きでいられる可能性が高くなります。

バーナム効果を使って子どもを繰り返し褒めると、子どもに「認めているよ」という態度を示すことができます。子どもにそれがうまく伝われば、子どもの自尊心は上がり、自分をもっと好きになるかもしれません。また、「親がしっかり自分のことを見てくれている」「自分は親にとって価値のある存在なんだ」という感覚も得ることができ、更に自尊心が高まる可能性が増えます。

まとめ

ここまで、バーナム効果の背景と生活の中での活かし方をまとめてきました。

バーナム効果は私たちの生活のいろいろな場面に溶け込んでいました。そして、意識してポイントをつかめば、誰でも比較的簡単に使えるようになりそうです。

バーナムのショーが大成功したように、私たちも人の心を掴みたいですね。

関連記事一覧